経営者の「いちばん身近な専門家」として
事業の成功と成長のお手伝いをします。

経営者の悩みの一つに、「経営の悩みを相談できる相手がいない」というものがあります。

日本では会社の「経営のしかた」は学校で学ぶ機会もほどんどなく、社会に出てからも誰も教えてくれません。多くの場合、自分で経営を始めてみて、手探りで経営を学んでいくことになります。

経営者は従業員に悩みを相談できない、弱いところを見せられない、ということもあります。従業員思いの真面目な経営者ほどこういう特徴があります。

私たちは「いちばん身近な専門家」として経営者の悩みやお困りごとに向き合い、問題解決を支援します。私たちの持っている知識・知恵やノウハウ、成功事例や失敗事例を役立ててください。

代表
佐藤一義
税理士登録番号129929
東京税理士会 江東西支部所属
設立
2019年4月
所在地
〒135-0021
東京都江東区白河4-1-17吹井ビル2階
電話番号
03-6316-7760
メール
info@miraiz-tax.com
事業内容
税務会計顧問業務
相続税申告業務
経営コンサルティング業務
  • 経営計画支援
  • 資金調達・補助金支援
  • リーダーシップ・組織強化
  • 経営診断業務

代表紹介

佐藤一義 税理士・中小企業診断士

【経歴】

千葉県匝瑳市出身。千葉大学文学部行動科学科卒業。学生時代は剣道、読書、バンドに情熱を燃やす。大学卒業後、オーストラリアで1年間サーフィン中心の生活を送る。 帰国後は学習塾業界に就職し、地域ナンバーワン化に貢献。事業拡大の喜びと苦しみ、経営理念と人の和、リーダーシップの大切さを思い知る。

退職後、経営を学び理解したいと考えて税理士になることを決意し、地元千葉の老舗大手会計事務所に就職。創業から事業承継・相続まであらゆる業務を経験し、小規模企業から中堅企業まで累計400件以上の相談・申告を行う。担当した業種は、卸売業・小売業・建設業・製造業・内装業・運送業・飲食業・美容室・学習塾・パン屋・農業・畜産業・漁業・医療業・介護サービス業・不動産賃貸業・廃棄物処理業・電力サービス業・協同組合・NPO法人など多岐にわたる。

2014年税理士試験に合格(消費税法・法人税法・相続税法)、2018年中小企業診断士試験に合格。

2019年4月に日本橋で独立開業、2020年に清澄白河に移転。税理士として税務相談・申告を行いつつも、税務会計にとらわれず、補助金、融資、経営計画、組織構築、リーダー育成など、経営者目線でビジネス全体を最適化するコンサルティングを行っている。